低炭素住宅のすすめ

長く住む家だから考えたい…

健康で快適に暮らせ、光熱費が少なくて済む家にしたい。
この2つを同時に実現するには、

断熱省エネの性能を

断熱性能を高め省エネ設備を選択した住宅とは

健康で快適に暮らせ、光熱費が少なくて済む家です。
これを実現できるのが低炭素住宅です。

床、壁、天井の内部や窓の交換が必要な為、建築後に断熱性能を上げるには多額の費用がかかります。
その為にも、新築時に断熱性能を高め、さらに省エネ性能も高めた低炭素住宅をお勧めします。
後からでは大変なんだ!
豊栄建設は、低炭素住宅仕様の住宅をすすめています!
page top

低炭素住宅とは

二酸化炭素化CO2の排出量を大幅に削減する省エネの住宅をいいます。

住宅本体の断熱性能を上げ、 省エネの設備機器を用いることで、平成25年の新しい省エネ基準に比べ消費するエネルギー〈電気・ガスの消費など〉がさらにマイナス10%以上になります。

低炭素住宅の認定基準相当は★★★です。

低炭素住宅の技術基準とは

高性能の断熱材等と効率の良い設備が選択された地球環境に貢献する住宅の基準です。

認定基準
page top

認定低炭素住宅制度とは

性能評価機関による技術的審査にパスした住宅を所管行政庁が認定します。

手続きの流れ

技術的審査とは

低炭素住宅の認定基準に適合しているかを第三者である性能評価機関が公正に審査し、適合証を交付します。

審査
page top

低炭素住宅の認定取得メリット

二酸化炭素(C02)の排出量を大幅に削減する認定低炭素住宅には税の特例があります!

税制優遇措置

平成25年省エネ基準を上回る高い技術基準をクリアした認定低炭素住宅は【フラット35】 S〈金利 A プラン〉を利用できます。

【フラット35】 S〈金利 A プラン〉

札幌市南区石山1条1丁目96-2
認定番号 第111150010号
認定年月日 平成27年5月7日


札幌市内100区画以上 宅地情報
施工例
資料請求